トップページ / お問い合せ・メッセージ
神野美伽 オフィシャルウェブサイト by Toi La Vie

CATEGORIES
最近の記事
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

神野美伽 エッセイ集

ファンクラブ会報誌などで綴ったエッセイを、少しずつですが、神野美伽ブログでご紹介しています。http://ameblo.jp/mika-shinno/
<< 命 | main |
心のお花

 新年のご挨拶状に「日々是好日」という言葉を書きました。
 毎日を暮らしていれば、良いこともあります。そうでないことも、あります。しかし、それらをひっくるめて良い日にするのは、自分のこころ次第ですよ、といったこれは禅の言葉です。
 四十半ばに差し掛かり、これからを生きて行く上で、心にしっかりと刻んでおきたい教えです。
 このごろ思うのですが、人間、心の拠(よりどころ)となる「良い言葉」を持つことはとても大事なことですね。

 最近、書店に行くと、驚くほど多くの「禅」の本が並んでいます。
 狄瓦スーッとなる禅の言葉
 牋譴らはじめる 禅
といった感じのものですが、大層売れてるのだそうです。
 誰もが、しんどい時代なのですね。
 何かに救いをもとめているのでしょう。
 知恵を授けて欲しいと望んでいるのでしょう。

 ただ、私はそこで「禅」というものと出会ったわけではありません。
 本当に不思議で、いま、感心していることなのですが、私は三十五年前すでに「禅」を「禅」とも知らず教えをいただき始めました。

 十歳で入門した少林寺拳法の道場で、一番初めに教わったことは「靴を揃えること」でした。
 足元を揃えたら、「礼」。少林寺拳法の場合、「礼」は「合掌礼」です。
 そして、次に教わったことが「清掃」でした。寒い夜も、夏の日も、雑巾を絞ってこれから稽古する道場の床を磨きます。拭くのではなく、磨くという心で清掃することを教わりました。
 さあ、それからやっと突いたり蹴ったり技の稽古が始まるかと思われるでしょうが、そうではありません。
 そこから、「座禅」を行うのです。
 毎回の稽古ごとに、必ずこのプロセスを踏みます。
 私は、週に三日。有段者になってからは週に四日の稽古を、デビュー直前まで続けていました。
 そして、これまた偶然の進路でしたが、進学した女子高校も浄土真宗の学校であったために、高校の三年間も登校、下校時には必ず「礼拝」を行いました。
 いま現在の、私の勝手な解釈でしかありませんが、これらの偶然と思っていた流れは決して偶然などではなく、私が人生を心豊かに生きていくために、子供の時分から大きな力が私を導いてくださっていたのだと思います。
 戻りますが、道場で靴を揃えることは犲分の足元をよく見なさい瓩箸いΔ海函座禅は狎鼎に考えなさい瓩箸いΔ海函9臂犬廊犲分以外の誰かを敬いなさい瓩箸いΔ海函N蘿劼眛韻犬任后
 子供の時分に種まきされたそんな禅のやさしい教えが、いま、この年齢(とし)になって私の心に小さなお花を咲かせ始めました。

| エッセイ | 00:40 | - | - | - | - |
Copyright (c) 2010-Mika Shinno- All rights reserved. Toi La Vie.